エコへの取り組み

「地球環境に優しいホテル」の実現化を目指して

千草ホテルを訪れるお客さまがいつの日もこの豊かな環境にふれることと、自然そのもののの素晴らしさを感じていただけることを目指しています。


千草ホテルは2008年8月にホテルとしては全国で3番目、沖縄を除いた九州では初めての「エコアクション21」を取得いたしました。

ホテルは施設の性格上、多量のエネルギーを使用するため以前より北九州市の「省エネ診断」を受けるなど水道光熱費削減、省エネなどに取り組んでまいりました。
そうした中、エコアクション21の制度を知り、取り組みを開始致しました。

2013年には北九州市より「環境にやさしい事業所」に認定され、同年「エコアクション21食品リサイクル部門 環境活動レポート大賞・九州」を受賞いたしました。

食品廃棄物の処理の取り組みとして、「楽しい株式会社」の提供する「メリーズシステム(食品廃棄物の地域内循環サービス)」に参加し、食品廃棄物の80%の再利用を達成しています。
また環境省が推進する宴会時の食べ残しを減らすためのキャンペーン「3010運動」、さらにカフェにおいては北九州市の「残しま宣言」運動にも積極的に取り組んでいます。

エコアクション21とは、事業者が、環境への取り組みを効果的、効率的に行うことを目的に環境に取り組む仕組みを造り、
取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインの事です。
(エコアクション21中央事務局ホームページより引用)環境目標の設定として以下の5つの項目が定められており実施しています。
  1. 1.二酸化炭素の排出量の削減
  2. 2.廃棄物排出量の削減
  3. 3.食品廃棄物の再生利用等実施率の達成
  4. 4.水資源排出量の削減(節水)
  5. 5.グリーン購入の推進
以上の目標を達成するためにエアコンの設定温度の遵守、こまめな空調、照明のOFFの徹底、社用車でのエコドライブ活動、ゴミの分別、リサイクル化、生ごみの水切りの徹底、食廃油(天ぷら 油)による軽油の代替燃料化、残飯管理の徹底など様々な活動を行っています。
エコアクションの取得から数年経過し、最近ではエコ活動推進のために社内だけでなくホテルを ご利用いただくお客様にもご理解とご協力を頂き、お客様も巻き込んだ取り組みを実施しています。
「メリーズシステム」は、食品廃棄物の地域内循環サービスです。生ゴミ(食品残渣)を微生物の力で分解して堆肥にし、その堆肥を使って安全・安心な野菜を作ります。
「3010運動」は、「乾杯後30分間、お開き10分前に自分の席で料理を楽しみましょう」と宴会時に呼びかけることで、食品ロスを削減する運動です。
「残しま宣言」運動は、食べものの「もったいない」をなくすための取り組みとして、北九州市の市民や飲食店が取り組んでいます。
〜千草ホテルの主な取り組み〜

再生トイレットペーパー

連泊のシーツ交換不要札

カフェのエコ箸の利用

客室の節電

照明の節電

エアコン温度管理

節水管理

食用廃油リサイクル

生ゴミのリサイクル

ごみ分別の徹底

古紙回収

再生コピー用紙