アート千草

アート千草

Art Chigusa
【COLUMN】花田伸一のアート!アート!アート! vol.31
2018.03.15

竹と布が組まれ、色が施された物体。

色、形、素材感、その場の空気感、私たちはそこに芸術的な要素をどう感じるでしょうか。

「わけいるつき」との題もまた詩情へと誘います。

これはあくまで私見ですが私は、竹と布で組まれた形には心地よい緊張感を覚え、そこに施された色彩には違和感を覚えます。

その共存ゆえか本作は私の目には「気になる」物体と映ります。

皆さんはいかがですか?

 [元村 正信 作] 「わけいるつき」 1995年/竹、綿布、アクリル 別館2階 桂の間

 

[キュレーター] 花田伸一

北九州市立美術館の学芸員、九州芸文館の学芸員を経て、2016年より4月より佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授を務める。