チグサブログ

ホーム > 千草ブログ >  千草ブログ  > とまとドレッシング de クッキング☆

とまとドレッシング de クッキング☆

2011.11.30

ただいまダイニングカフェチグサでは、そっくりさんの目の前で

オリジナル商品を販売しております♪

ドレッシング&煮つけたれ.jpg

左から

・とまとドレッシング 525円

・魚専用 煮つけだし 630円

(※煮つけだしは今後増量して500ml瓶で販売予定です!価格改訂はまた後日・・・)

・中華風ドレッシング 525円

 

いずれも、我が千草ホテルの自慢のスゴ腕!料理人である

ダイニングカフェchigusa料理長・荒木龍治シェフと

割烹にしむら亭主・西村弘が監修したオリジナル商品です!

 

千草ホテルにほど近い、八幡東区日の出町にある大正2年創業の老舗

五嶋醤油醸造元」さんとのタイアップにより実現したオリジナル商品。

五嶋醤油さんのホームページはこちら→http://goto-shoyu.com/site/corp/

初のオリジナルブランド商品の船出に、わたしたちスタッフ一同、感激もひとしおです~!!

 

そこで今回のブログでは、このオリジナル商品の中から・・・

「とまとドレッシング」を使って、ご家庭でも出来るカンタンレシピを

荒木シェフに再現していただくことにしました~!

 

◆海老のかんたん!トマトマリネ◆

材料(4人分)

冷凍えび(冷凍シーフードミックスなどでもOK) 200g

玉ねぎ 1個

 

醤油  40㏄

米酢  80㏄

砂糖  5g程度

千草オリジナル・とまとドレッシング 80~100㏄位(お好みで)

 

DSC_0267.JPG

1.まずは、冷凍のエビを解凍します。

  解凍は、必要な量だけをボウルに入れ(キッチンペーパーを敷いた上に置く)

  前日から冷蔵庫でゆっくり解凍するのがベストですが、時間がないときは水にさらして解凍すると良いです。

DSC_0268.JPG

 

DSC_0276.JPG

2.エビを、沸騰させた塩水に入れて茹で、丘あげします。

エビは、殻付きならそのまま、殻ナシなら背わたをとってから塩水でゆでます。

このとき、必ずよく沸騰した塩水で茹でるのがポイント!(水の温度がぬるいと、エビの身がだらりと溶けてしまうそうです)

ですから、エビは何回かにわけて、お湯に投入していきます。

(ひとつかみ鍋に入れたら、お湯が沸き立つのを待ち、さらにひとつかみ・・・といった手順で)

DSC_0277.JPG

そして、ここでも★ポイントが!!

茹で上がってザルにあげたエビは、冷水や氷水などにさらしたりせず、そのままゆっくり冷ますこと!!

エビやイカ、タコなどの魚介類はみなそうですが、いきなり冷たい水にさらすと、身がギュッとしまってしまい、硬くなってしまうのです。

ですから、うちわであおいだり、風通しのよいところでゆっくり自然と冷ますのが一番です!

 

3.では次に、マリネ液を作っていきましょう~♪

 

まずはボウルにお酢を入れます。

米酢がない場合には、普通のお酢でももちろんOK。

ただしその場合には、分量よりちょっと少な目の量で作ったほうが良い・・・かも。

(酢っぱくなりすぎるかもしれませんので~)

DSC_0270.JPG

ちなみに荒木シェフのお気に入り調味料は、こちらの“千鳥酢”

プロの味を追及したいかたは是非さがしてみてください!

DSC_0269.JPG

次に、お醤油を入れて、ひとつかみのお砂糖を投入し、よーくかき混ぜます。

DSC_0271.JPG

そこへ、千草オリジナル・とまとドレッシングを投入!!たった、これだけで完成!!

DSC_0278.JPG

あとはお味をみながら、お好みで酢や醤油、砂糖など少しずつ加えていって、お気に入りの味を作ってみてくださいね。

 

4.あとは、すべての材料を、混ぜるだけ~~~!!

DSC_0280.JPG

玉ねぎ投入

DSC_02812.JPG

えびちゃん投入

DSC_0282.JPG

よくなじむようにしっかり混ぜる!!

 

ハイ、

DSC_0283.JPG

出来上がり~☆

こうして盛り付けると、なんだかとってもステキですよね☆

ちょっとしたおつまみにもなりますし、、、どうですか?今夜のおかずにもう一品!

 

千草ホテルのオリジナル商品いろいろ、これからもどうぞよろしくお願いいたしまーす♪

(中華ドレッシングdeクッキングも、どうぞお楽しみに!!)

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

携帯電話でも千草ホテルの最新情報をチェックできるようになりました。コードを読み取るか、アドレスを直接入力してアクセスしてください。

アートCHIGUSA

千草ブログ

チグサ レキピオ

千草ホテル facebook公式ページ

twitter 千草ホテル公式アカウント