ご宴会・ご会食

ホーム > ご宴会・ご会食 >  個人・団体でのご利用  > お子様のお祝い

個人・団体でのご利用

RESTAURANT & CAFE TOPICS

個人・団体
千草のお料理
個人・団体
お子様のお祝い
個人・団体
長寿のお祝い
個人・団体
結納
個人・団体
ご法要

お子様のお祝い -Celebration of Children-

お宮参り

赤ちゃんの誕生を祝い、男の子は生後31日目、女の子は33日目に、その土地の守り神である産土(うぶすな)神に参拝し(産土参り)、すくすくと健やかに成長し、健康で長生き出来るよう祈願します。
また、お母様の安産のお礼参りを兼ねて、帯祝い(戌の日)で安産祈願をした神社へお参りをする風習などもあります。

詳しくはこちら


お食い初め(百日祝い)

生後100日目か200日目に初めて赤ちゃんにご飯を食べさせる祝いの行事で、「箸初め」「箸揃え」「百日(ももか)」などといい、歯が生えるほどに成長したことを喜び、子どもが一生食べるものに不自由しないよう祈り、健やかな成長を願う大切な儀式です。
生え始めた歯が石のように丈夫で堅くなるよう願いを込め、料理に小石(歯がため石/氏神様の神社から授かって儀式後に返す)がそえられることもあります。

詳しくはこちら


初節句祝い

赤ちゃんの無事を祝い、健やかな成長と厄除けを願うため、生まれて初めて迎える節句を「初節句」といい、「節日の供御(せちにちのくご)」という、季節の変わり目の祝いの日に神様へお供え物をすることに由来しています。
女の子は3月3日の上巳の節句(桃の節句)にひな飾りを、
男の子は5月5日の端午の節句に兜や武者人形を飾るなどしてお祝いをします。

詳しくはこちら


初誕生祝い

赤ちゃんが生まれてからはじめて迎える誕生日(満1歳の誕生日)のことを初誕生といいます。
無事に1歳まで育った喜びと、これからの健康と健やかな成長や末永い長寿を願うお祝いです。
(古くは)「誕生餅」として誕生日当日に家族で餅をつき、その餅を「一升餅」「力餅」などと呼んで「力強く育つように」「一生食べ物に困らないように」との願いをこめ、赤ちゃんに背負わせたり、地域によっては草鞋を履かせて踏ませたりする行事です。

詳しくはこちら

 

 


七五三

古くは、「髪置き」(もう赤ん坊ではないという意味から、それまで剃っていた髪を伸ばし始める儀式)、「袴着」(初めて袴を身につける儀式)、「帯解き」「紐解き」(着物の付け紐を外し、帯にきり替える儀式)と言われ、3歳の男の子と女の子、5歳の男の子、7歳の女の子のお祝いの行事として知られています。
現在では、11月15日に神社へ参拝し、お子様の成長と健康に感謝し、今後のさらなる成長と健康を祈願する風習となっています。

詳しくはこちら

 

成人式

古くは「元服」「烏帽子式」(男子)、「裳着」「髪上げ」(女子)など、“一人前の成人”として扱われるようになるための通過儀礼が行われていましたが、現在の「成人の日」のスタイルは、戦後(1946年頃)始まったと言われています。
戦後の厳しい社会情勢の中で、将来を担う若者たちを激励しようと実施された「成年式」が好評を呼び、これを全国的に普及させようという運動から「おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます」ことを趣旨とした「成人の日」が法律で制定されました。

詳しくはこちら


ご宴会・ご会食

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

携帯電話でも千草ホテルの最新情報をチェックできるようになりました。コードを読み取るか、アドレスを直接入力してアクセスしてください。

アートCHIGUSA

千草ブログ

チグサ レキピオ

千草ホテル facebook公式ページ

twitter 千草ホテル公式アカウント