ご宴会・ご会食

ホーム > ご宴会・ご会食 >  個人・団体でのご利用  > ご結納-進行例-

個人・団体でのご利用

ご結納-進行例-

 

お部屋の一例

%E7%B5%90%E7%B4%8D%EF%BC%BF%E5%B8%AD.jpeg

こちらのお部屋は女性側の家とみなしますので、上座に男性側、下座に女性側に座っていただきます。
▲結納式 お部屋の一例

結納式の間は、基本的には座布団は使用いたしません。
座布団の上に座るということは、一段上から相手を見るという事になります。
お互い、座布団をあてずに一番低いところまで下がって、同等の立場で腹を割って話しをするという意味からも結納式の間は座布団は使用しないのが正式です。

※足の悪い方、正座をするのが苦手な方には座敷用の椅子をご用意しております
お気軽にお申し付けください

 

 

結納式の流れ

①男性側に先にお部屋に来ていただき、結納品のセッティングをしていただきます。
※当方にて結納品もご用意いたしております。その場合、当方にて飾りつけもさせていただきます

②女性側にお部屋にお入りいただきます。

③結納式をいたします。

結納式進行

男性の父親

「この度はこちらの○○様と私どもの○○に、よいご縁を頂きまして、
誠にありがとうございます。
本日はお日柄もよろしいので、結納の印を納めさせていただきます。
どうぞ幾久しくご受納ください。」

男性の母親 目録を女性の前に置く
本人(女性) 目録に目を通し、父親・母親にもみせる
女性の父親 「ありがとうございます・幾久しくお受けいたします。」
「受書でございます。幾久しくお納めください。」
女性の母親 受書を男性の前に置く
本人(男性) 受書に目を通し、父親・母親にもみせる
男性の父親 「ありがとうございます。幾久しくお受け致しました。」
(記念品があれば、続いて婚約指輪の贈呈など記念品の贈呈をする)
男性の父親

「本日はどうもありがとうございました。これをもちまして、
無事結納をお納めする事が出来ました。
今度とも、どうぞよろしくお願いいたします。」

女性父親 「こちらこそ色々とお世話になりました。どうぞよろしくお願いいたします。」 


▲ご希望がございましたら、結納式の司会役も承ります

④結納品と皆様で記念写真をお撮りください。こちらもお手伝いさせていただきます。

⑤別室にて桜湯を召し上がっていただきます。
桜湯は、お湯の中に花が美しく咲き開くため、縁起がよいものとされています。
桜湯は、両家ともに「この婚儀に異存はありません。」という意思表示であるといわれています。

▲この間にお部屋を掘り炬燵にし、お食事の用意をさせていただきます

⑥元のお部屋にお移りいただきます。心尽くしの結納膳をご用意いたしますので、ご両家の皆様で和やかなひと時をお過ごしください。

⑦2時間くらいを目処にお開きとなります。
一般的には、女性側から男性側にお土産をお渡しします。

 
_DX_4331.jpg  _DX_114490.jpg  _DX_4393.jpg

ご宴会・ご会食

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

携帯電話でも千草ホテルの最新情報をチェックできるようになりました。コードを読み取るか、アドレスを直接入力してアクセスしてください。

アートCHIGUSA

千草ブログ

チグサ レキピオ

千草ホテル facebook公式ページ

twitter 千草ホテル公式アカウント