アート千草

アート千草

Art Chigusa
【COLUMN】花田伸一のアート!アート!アート! vol.32
2018.06.06

抽象作品の鑑賞はちょっと苦手…

という方も多いかもしれません。が、日本人はもともと得意とするところなのです。

例えば茶の湯ではお茶碗の”景色”を拝見したり、書の世界では筆勢や枯れ具合の妙を味わったり、

布の繊細な触り心地や色合いを愛でるなど。

和空間を意識して作られた本作にも私たちの心に響く”景色”が拡がっています。

まずはその風情に身も心も委ねてみてください。

 [秋本 順子 作] 「うつろう」 1995年/アルミニウムにエッチング 別館2階 桂の間

 

[キュレーター] 花田伸一

北九州市立美術館の学芸員、九州芸文館の学芸員を経て、2016年より4月より佐賀大学芸術地域デザイン学部准教授を務める。