アート千草

ホーム > アート千草 >  中庭アートPROJECT  > 中庭アートPROJECT vol.16 山内 光枝 展「イルギ」

中庭アートPROJECT vol.16 山内 光枝 展「イルギ」

2015.03.17

千草ホテルがプロデュースするアート企画シリーズ。毎回各作家がカフェ・レストランに臨む中庭を舞台としてホスピタリティをテーマに新作を展開します

第16回を飾る 山内 光枝 氏(美術家)は「海」を手掛かりに人間の根源的な感覚や記憶を探っています。本展では氏が海に生きるひとびとと触れ合う日々のなかで書き留めた「イルギ(韓国語で日記の意味)」を源とした作品を発表します。

イルギ1.jpg

(参考作品)《you are here》(『想像しなおし』展@福岡市美術館、2014年)

 

■展覧会名千草ホテル中庭PROJECT-アート・ホスピタリティ-vol.16
山内 光枝 展「イルギ」

■会期2015年 4月4日(土)~ 6月28日(日)11:15~20:00

■会場千草ホテル中庭、カフェ・レストラン

■入場料    無料

■企 画 花田 伸一

■主 催 千草ホテル

■アーティストトーク

美術家の創作活動をめぐり、その制作過程やコンセプトなどを聞きます。

日時: 2015年5月6日(日) 15:00~
場所: 千草ホテル1F カフェ
司会: 花田伸一(本展キュレーター)
※先着20名様、要1ドリンクオーダー

 

今回の展覧会について:アーティスト・ステートメント

イルギ

私はこれまで、ただ、やらずにはおれないことをやってきました。

胸騒ぎがし、細胞がざわつき、放ってはおけなくなるなにかに、

出会ってしまったからです。

不思議なことに、出会いの瞬間はいつも、

すでに知っていたはずのことを、再び指摘された時のように、

心臓が痛いほどドキッとしました。

しかし、出会ったからといってどうしたらよいのかわからず、

存在ごと、自分をそこに投げこんできました。

それは、世界を自らの想像のなかに終わらせないという、ある術でした。

そして、その厳しさから逃げ出さないための、ある術でもありました。

それは、自分を世界に還そうとする行為に、似ていると思いました。

そんな日々の営みを、日記にしたためてきました。

そのひとつひとつは、いまこうして、あなたに触れることにより、

ふたたび、世界を動かす細胞のひとつになることができるのかもしれません。

 

山内光枝

■アーティスト プロフィール

山内 光枝(やまうち てるえ)/ Yamauchi  Terue

1982 福岡県生まれ

2006 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジBAファインアート 卒業

2013 済州ハンスプル海女学校 卒業

2015 文化庁新進芸術家研修制 短期研修生

 

主な個展

2013「嗚呼−海の女と水脈をめぐる旅」konya-gallery(福岡)

2012「ムルテ」mujikobo(神奈川)

2012「ワタのもり」ギャラリー58(東京)

2009「波図」M.C.APERTO(福岡)

2008「地層」art space tetra(福岡)

 

主なグループ展

2014「想像しなおし」福岡市美術館(福岡)

2013「The World Turned Inside Out」Witte de With Contemporary Art(ロッテルダム・オランダ)

2012「NET-CO」ワタガタアーツフェスティバル2012(釜山・韓国)

2012「GARDEN」名ヶ山アジア写真映像館周辺(新潟)

2012「VOCA2012-新しい平面の作家たち」上野の森美術館(東京)

 

レジデンス

2015「The Unifiedfield」(ミンダナオ諸島・フィリピン)

2012「ワタガタアーツフェスティバル2012」(釜山・韓国)

2010「BankART studio NYK」(横浜)

2010「共同アトリエ3号倉庫」(福岡)

2009「International Artist Village Camp」(ジョードプル・インド)

 

助成/受賞

2015「文化庁新進芸術家研修制度・2014年度後期(短期)」

2013「Allotment Travel Award 2013」

2010「審査員特別賞・国際アートトリエンナーレ大阪」

 

その他

2014 朗読「向井千恵 West Japan Tour 2014」art space tetra(福岡)

2014 共同企画・朗読「時のあじわい、日々のにおい–没後50年上田宇三郎展関連企画」福岡市美術館(福岡)

2011 共同出版「THE BUILDER – Blueprint Project」

2011 共同企画・展示「音のいくみち、かえるみち」羽山の森美術館(福島)

イルギ2.jpg イルギ3.jpg

イルギ4.jpgイルギ5.jpgイルギ6.jpg

■参考作品(左上より)

《潮汐/ムルテ》2011-12年、福岡アジア美術館

《嗚呼》2012-13年、konya-gallery

《ワタのもり・ごつごつとしたたくさんのものたち》2012年

《you are here》2013-14年、福岡市美術館

《artery and vein》2014年

 

 

■キュレーター・プロフィール

花田 伸一(はなだ しんいち)/ Hanada Shinichi

キュレーター(北九州市在住) 北九州市立大学ほか大学非常勤講師

1972年福岡市生。九州大学文学部卒。元北九州市立美術館学芸員(1996~2007)。美術と社会の関わりに着目しつつ北九州を拠点に調査・企画を行う。主な企画に「6th北九州ビエンナーレ~ことのはじまり」(2001)、「福・北 美術往来」(2003)、「街じゅうアート in 北九州」(2008~12)、「千草ホテル中庭PROJECT」(2008~)、「ながさきアートの苗プロジェクト2010 in 伊王島」、「大人の図工時間 the land school 2010-2015」、「釜山ビエンナーレ2014特別展」他。「第5回福岡アジア美術トリエンナーレ2014」協力。共著『Art Guide to Asia』(国際交流基金、2009)、『フィールドキャラバン計画へ 白川昌生2000-2007』(水声社、2007)ほか。

 

ご予約・お問い合わせ

よくある質問

携帯電話でも千草ホテルの最新情報をチェックできるようになりました。コードを読み取るか、アドレスを直接入力してアクセスしてください。

アートCHIGUSA

千草ブログ

チグサ レキピオ

千草ホテル facebook公式ページ

twitter 千草ホテル公式アカウント